真・報連相研修

真・報連相の核心である『3つの視点』や『3つの深度』、『5段階のレベル表』をベースに、自己の職場での「報連相(=仕事の進め方)」のふり返りを行うための研修です。従来の報連相研修は、下位層の人に報連相の「良いやり方・手段」を伝えるだけの、いわばビジネスマナーレベルの研修でした。しかし実際の職場で求められる『質の高い報連相』は、中堅社員から経営幹部に至るまで、上下の別無く誰にとっても重要な課題です。真・報連相研修は、単なる報連相のやり方・手段ではない個人の仕事の成果を高め、さらには職場全体が「人が育ち、成果の上がる職場」となるための学びの場を目指しています。本プログラムは、質の高い仕事の成果を求められる「リーダー研修」や「中堅社員研修」はもちろん、「幹部管理者研修」や「営業社員研修」や「業務改善勉強会」などにも最適です。

真・報連相研修の詳細は、こちらをご確認ください。

新入社員研修

真・報連相の「質の高い報連相(=質の高い仕事の進め方)」の考え方を取り入れた、『新入社員のための報連相研修』です。入社時の導入研修で必須となる、ビジネスマナーとしての報連相を学びつつも、単なる報連相のやり方・手段を学ぶにとどまらない、配属後の職場で本当に活きるリアルな報連相の学習を目指します。本プログラムでは現実の職場で起こる様々なケースを取り上げ、基本の講義と合わせて個人演習やグループ討議によって、受講者に主体的に学んでいただきます。基本教材として、現場でのケースをドラマ形式で解説するDVD教材『新入社員のための報連相の基本~これだけは押さえておきたい仕事の進め方~』(制作著作:PHP研究所/監修:一般社団法人日本報連相センター)を活用します。

新入社員研修の詳細は、こちらをご確認ください。