真・報連相とは

真・報連相とは、ひと言でいうと「質の高い仕事の進め方」そのものです。
「いままでの報連相」は、やり方・手段が中心でした。5W1Hがよいとか、結論から先に、あるいは口頭よりも文書がよいとか、主にやり方・手段を説明していました。しかし、質の高い報連相はやり方・手段だけではできません。目的や相手を考えずに、こうしたらよいとやり方・手段を固定化してよいはずがありません。Aさんにはよい報連相が、同じやり方をしてもBさんにはよくない報連相の場合があるのです。環境(相手)、目的、自己との関連で、やり方・手段である報連相をとらえると、質の高い報連相ができます。技だけではない心技体の報連相、これが「真・報連相」です。

※やり方を磨き、手段を開発することの大切さを否定しているのではありません。「やり方・手段」も大切ですが、「手段へ直行しない」ことが肝心です

真・報連相の核心

3つの視点

「目的」「環境(相手)」「自己」の3つの視点から手段をとらえるのが真・報連相です。 「目的」(何のために)を明確にして「手段」(報連相のやり方)を考えます。環境(相手)によって報連相を変えます。報連相する「自己」を含めて全体状況をみます。

3つの深度

報連相の本質は「情報の共有化」です。「情報の共有化」には3段階の深度があります。
共有化を深めることが大切です。
深度図

レベル表

真・報連相には「5段階のレベル表」があります。このレベル表は、初級から上級幹部までの、報連相(=仕事の進め方)の重要な基本を全て含んでいます。

真報連相のレベル表ダウンロード

「3つの視点」と「3つの深度」を縦糸と横糸に織り出したのが、「5段階のレベル表」です。
この関係を氷山にたとえたのが下の図です。
3つの視深