日本報連相センターは「真・報連相」を提唱しています

真・報連相とは

真・報連相とは、ひと言でいうと「質の高い仕事の進め方」そのものです。
「いままでの報連相」は、やり方・手段が中心でした。5W1Hがよいとか、結論から先に、あるいは口頭よりも文書がよいとか、主にやり方・手段を説明していました。しかし、質の高い報連相はやり方・手段だけではできません。目的や相手を考えずに、こうしたらよいとやり方・手段を固定化してよいはずがありません。Aさんにはよい報連相が、同じやり方をしてもBさんにはよくない報連相の場合があるのです。環境(相手)、目的、自己との関連で、やり方・手段である報連相をとらえると、質の高い報連相ができます。技だけではない心技体の報連相、これが「真・報連相」です。

PHP eラーニング/真・報連相講座

PHP研究所のeラーニングで「真・報連相講座」が受講できます。

「真・報連相入門講座」 ~できる人がやっている仕事の進め方のコツ~

「真・報連相実践講座」 ~仕事力を伸ばす報連相の意義と方法~

「真・報連相マネジメント講座」 ~人が育ち、成果があがる組織をつくる~

自己と職場の報連相のレベルアップにお役立てください。

詳しくは、書籍・DVDなどのページをご覧ください。

PHP公開セミナー/仕事ができる人の「報連相」実践コース

PHP研究所より、真・報連相の公開セミナーが開催されます。

仕事ができる人の「報連相」実践コース
リーダーになる人に身につけてほしい仕事の進め方

PHP通信教育「仕事ができる『報連相』実践コース」との
連動企画の公開セミナー版です。

本コースでは、「報連相=仕事の進め方そのもの」という視点から、
(1)自分自身のレベルアップ(2)職場(チーム)の総合力アップ を目的としています。
次世代リーダーの育成に、本コースのご採用をお勧めいたします。

対象:入社3~5年目の方
会場:PHP研究所 東京本部・京都本部
主催:株式会社PHP研究所

詳しくは、PHP研究所のホームページをご覧ください

月刊ビジネスガイド別冊に『「真・報連相」研修』が紹介されました

企業の経理・税務・庶務・労務担当者の執務指針誌である、ビジネス情報誌「企業実務」4月号に、「新入・若手社員のための『報告・連絡・相談』レッスン」が掲載されました。執筆は、NHC本部事務局の延堂良実が担当しております。
この度、雑誌出版元の日本実業出版社様より、特別に別冊付録の一部閲覧の許可をいただきました。
こちらからご覧いただけます。
※本誌のご購読を希望の方は、企業実務販売ページまでお願いします。

月刊ビジネスガイド別冊に『「真・報連相」研修』が紹介されました

PHP研究所よりDVD教材『新入社員のための報連相の基本』が発売されました。

上司とコミュニケーションがとれない、職場にうまくなじめない……。
そんな新入社員をケアするには、配属前の「報連相」教育が効果的です!

本DVDでは、最も大切なビジネス・コミュニケーションの一つである「報連相」の要点をドラマ形式で解説しています。新入社員の導入教育の時期に、仕事の要である「報連相」教育を徹底させるための教材として、ぜひご活用ください。

新入社員のための報連相の基本
~これだけは押さえておきたい仕事の基本~

監修:一般社団法人日本報連相センター
発行所:株式会社PHP研究所

詳しくは、書籍・DVDなどをご覧ください。

月刊ビジネスガイド別冊に『「真・報連相」研修』が紹介されました

開業社会保険労務士専門誌・月刊ビジネスガイド別冊9月号SR第31号NO.771(日本法令より発売)に『「真・報連相」研修』が掲載されました。執筆は、林哲也さん(社会保険労務士、NHC日本報連相センター会員NO.65)です。
この度、雑誌出版元の日本法令様より、特別に記事閲覧の許可をいただきました。
こちらからご覧いただけます。

※本誌のご購読を希望の方は、日本法令様のホームページまでお願いします。